永代供養とは、故人様のご親族に代わりお寺が存続する限り住職が責任を持ってご供養していくことです。

近年、少子化や核家族化により供養する親族が限定される時代になりました。
『自分の供養は、自分でする』という意思が大事とされるようです。

将来、お墓や納骨壇の後継者がいない方、ご子孫へ負担をかけたくない方、現在のお墓が遠方にあって定期的にお参りが出来ない方などに適したお墓です。
生前に申し込む事もでき、その後の心配がいりません。管理をすべてお寺に任せることができます。

一乗寺では合葬墓に永代供養の納骨をいたします。いつでもお参りすることが出来ます。

宗派を問わず、ご相談ください。


永代供養の流れ
1、お打ち合わせ
まずは、お気軽にお問い合わせください。永代にわたってのご供養ですので、充分にご相談させていただきます。お墓のお悩みが少しでも和らげたら幸いです。お寺に来ていただき見学もできます。

2、納骨
納骨は、特に時期や期限はございません。お打ち合わせで決めた日程に、ご親族と共に合葬墓へ納骨いたします。お骨は長い年月を経て土に還ります。

3、ご供養
お盆(8月)と春秋の彼岸(3月、9月)の年3回に戒名または俗名を読み上げ、回向いたします。故人様の安寧を願ってご供養致します。ご供養は33回忌(33年)の間、継続致します。

4、お参り
合葬墓は本堂とは別の場所にございます。
お参りの際にはご連絡の必要もございません。
いつでもお参りにお越しください。


料金について
合葬墓への納骨は一体20万円になっております。
年3回の読み上げ供養をご希望の場合は10万円の供養料が別途かかります。
年間管理費や維持費は必要ございません。

お墓の引き払いによる、納骨の希望の方は別途ご相談下さい。