平成最後の節分会(厄払い豆まき)が行われました。
昨年の大雪に比べれば、雪も少なく穏やかで天気にも恵まれました。
今年も本堂には、多くの参拝者が足を運んでくださりました。
御祈祷の読経の後、豆まきが始まりました。
「福は内 鬼は外」の掛け声と共に参拝者たちが豆を拾う光景で堂内は盛り上がり、小さい子供が多く、たいへんにぎやかな声とともに活気があふれていました。
節分会の最後には恒例の福引があり、今回は景品の数がたくさんで、住職は引き換えの作業に忙しかったようです。

今年も皆様、一年間無事でありますように!